1.iPhoneの位置情報機能

iPhoneには、位置情報機能が標準装備されています。この位置情報機能を使うと、GPS衛星と通信を行うことで正確にそのiPhoneがある位置を知ることができます。

位置情報機能については知らない間に自分の現在位置が知られてしまうことなどプライバシーの観点から賛否があることはご存知の通りですが、それでも位置情報機能があるのは、さまざまなメリットがあるからです。

2.iPhoneに位置情報機能が付いている理由

iPhoneの位置情報機能を利用することで得られるメリットとして、主に以下のものが挙げられます。

http://notebattery.blog.shinobi.jp

  • 地図アプリで現在地を把握できるので道順などが分かりやすい
  • 「iPhoneを探す」機能など端末を紛失した際に発見しやすい
  • 「ポケモンGO」に代表されるような位置情報を利用したゲームを楽しめる
  • ファミリー共有を利用して特定の人同士で位置情報を共有できる

特に一番上の地図アプリについては利用頻度が高く、初めて訪れる土地で迷わないといったメリットを享受している方も多いのではないでしょうか。

3.iPhoneの位置情報に潜むリスク

iPhoneの位置情報機能には前項でご紹介したようなメリットがありますが、その一方でリスクが潜んでいることも各方面から指摘されています。この記事をお読みになっている方々も、これらのリスクについての懸念や不安をお持ちだと思います。

3-1.写真からの位置情報漏洩

iPhoneで撮影した写真に位置情報が記録されることにより、その位置情報から「写真を撮影した場所」を意図しない相手に知られる可能性があります。プライバシーだけでなく防犯上の観点からも位置情報が記録されるのが好ましくない場合があります。

3-2.SNSを経由して位置情報が知られてしまう

設定により、SNSでは投稿時に位置情報も一緒に登録することができます。友人などの間で位置情報を共有して楽しむことができる機能なのですが、「自宅にいます」という内容の投稿を行い、それと同時に位置情報が登録されたら、その位置情報を元に自宅の場所を特定されることにつながります。

http://notepc2017.blog.fc2blog.us/

芸能人がSNSから自宅を特定されたという事例もあり、ストーカー被害に発展するリスクをはらんでいます。

3-3.意図しない行動記録が残りトラブルの原因になる

正確すぎる位置情報が、時には人間関係に悪影響を及ぼすこともあります。実際に考えられるのは本人の話とiPhoneに記録されている位置情報の辻褄が合わず、トラブルの原因になるといったケースです。

http://thomasbattery.seesaa.net/

もし人間関係への悪影響が懸念される場合は、iPhoneの位置情報機能を適切に設定しておくことをおすすめします。

3-4.位置情報の共有設定により意図しない位置情報が共有されてしまう

ファミリー共有の設定など、iPhoneの位置情報を他の人と共有することもできます。家族間などで安否確認のために利用することが想定されている機能ですが、この機能によって意図しない位置情報まで伝わってしまい、それがトラブルの原因になることもあります。

特にこの機能は「浮気防止機能」と呼ばれることもあるため、場合によっては男女間のトラブルに発展することも考えられます。

ASUS ZENPAD 10 ASUS C11P1502 タブレットバッテリー
MSI 180WノートPC用ACアダプター 対応機種MSI GT70
DELL T54FJ パソコン バッテリー
LENOVO L14D2P31 タブレットバッテリー 対応機種Lenovo Tab 2 X30F X30M A10-70F
Acer Iconia W3-810 W3-810P Tablet PC対応互換バッテリー